新電力会社(PPS)のソフトバンクでんきとは?

電力自由化においてソフトバンクで行っている取り組みとは

ろくろを回す手日本では2016年4月から電力自由化が始まりますが、携帯電話会社のソフトバンクでは次のような取り組みが行われています。
これまで色んな携帯電話を販売してきた会社ですが、今度はその範囲を電力にまで拡大しているのが特徴となります。

ソフトバンクでんきはプランで勝負!

ポイントとして、家庭でどれくらい電力を使うかによって複数のコースやプランというものが用意されています。
例えば普段あまり電力を使わない家庭の場合には、毎月の電気料金がお得になるプランというものがあります。
逆に日常的に多く電力を使用する家庭の場合には、それに見合ったプランが用意されています。

電気料金と携帯電話料金の一体化を進めています

また東京電力と業務提携をしたことから、契約者により安全かつ確実に供給出来るように工夫されています。
さらにソフトバンクの携帯やスマホを使っている場合においては、同じ銀行口座から電力についても自動引き落としが出来るようになっています。
そのため同じ会社のスマホを利用している時には、電気代の請求についても1つの口座に請求するように設定が可能です。

Tポイントで還元してくれます

手続き方法についても、通常の電気会社と行っているやり方とほとんど同じとなっているのがポイントとなります。
さらにこの会社の電気契約を結ぶことによって、Tポイントというツタヤで使うことが出来るポイントを貯めることが出来ます。
これは毎月の電気代によってポイント数が変動するため、多く使用した分だけ貯めることが出来るのが特徴となっています。
さらにプラン契約時において、予め使用が推奨されている電気量というものが定められています。
仮にこの電気量以下だった場合においては、ポイントに還元されたりするサービスがついています。

手続きはウェブ上やソフトバンクの代理店で受付中

このソフトバンクでんきの電気供給サービスについては、すでにソフトバンクのスマホやネット回線を使用していると手続きがよりスムーズになります。
別途で工事などをする必要もないので、日常生活において影響が出るといったことがないのもポイントです。
またこれまで同社のネット回線などを使ったことが無い場合には、新規希望者向けの専用ダイヤルが用意されてます。
これは通常の問い合わせ先とは異なっており、新規希望者専用の専用番号となっていることが特徴です。
そこで具体的な契約における流れなどについて、スタッフから丁寧に説明がされることがポイントとなります。
また東京電力と業務提携をしていることから、こちらの会社に問い合わせをすることで同じ内容について質問することが出来るように配慮されています。