既存地域電力会社「沖縄電力」の取り組み

沖縄電力における電力自由化に対する取り組みについて

沖縄電力では2016年の4月以降に導入される電力自由化に伴って、担当エリアを対象に新しく電気の供給を行っています。
元が電力会社であることから、これまでも電気の供給というものは行っていることが特徴です。
しかし今回の制度の導入によって、利用者により便利かつ効率良く電気を使ってもらうための取り組みを始めています。

沖縄と九州限定の電力会社

また沖縄電力という名前の通り、電気を送ることが出来るエリアや場所については沖縄本島の近くとなっています。
そのため沖縄県や九州地方などが対象となっているので、東京都や北海道などに住んでいる方の利用が出来ないことが注意点となります。
さらに会社も沖縄県や近くにあることが多いため、そういった関係上あまり遠くのエリアでは電気を配ることが出来ないです。
これは逆のケースについても同じことが当てはまり、東京電力の場合にも沖縄県では供給することが出来ないことが多いです。

信頼を得るための広報活動を行っています

また会社のホームページでは、電気を供給サービスを提供している企業というものが公開されています。
こういった情報を事前に確認することによって、これまでにどのような企業が利用していたか知ることが出来ます。
そして新しく電力自由化が始まったことにより、沖縄電力会社では色んな場所で宣伝などを行っています。
この制度が導入される前では、基本的に消費者は電力会社を自由に選ぶことが出来なくなっています。
ですがそういったことが撤廃されることになるので、これからは消費者が自由に電力会社選びが出来るようになります。
そうなるといままで同じ会社を利用していた方でも、2016年4月以降に他の会社に移ってしまうことが懸念されています。
そういった顧客を手放さないためにも、これまで通り会社の電気を使ってもらうための取り組みが実施されています。

沖縄電力は新規顧客の取込にも積極的です

会社の規模で電気説明会などを実施しているケースもあれば、沖縄県などで主催しているイベントに参加して紹介することもあります。
これまでの顧客が減少してしまうことを予防すると同時に、新規の消費者も取り組むという狙いも含まれています。
こういったイベントに興味がある場合においては、基本的に説明時間内であればいつでも自由に参加が可能です。
ですが会社の中で行っているケースについては、事前に申し込みや予約などが必要となっていることが多いです。
またこういった説明会に参加する場合においては、基本的に参加料などについては無料となっていることが多いです。