新電力会社(PPS)のイーレックスとは?

電力自由化で発電方法も選べるようになりました

2016年の4月から電力自由化が始まります。
これは今まで工場などで行われてきた新電力事業や電力販売業者の切り替えといったものが一般家庭でもできるようになる大きな変化となります。
原発事故以降、原子力発電や火力発電、それからクリーンエネルギーによる発電が注目されてきました。
原子力は重大な放射能汚染を引き起こし土地を使用不能にしてしまう可能性があり、火力発電は大気汚染を引き起こしてしまいます。
そこでクリーンエネルギーが台頭するようになったのです。

クリーンエネルギーに注目する新電力

クリーンエネルギーには太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電などがありますが、これらは全て自然現象を利用しているものなのでどうにも不安定なものとなります。
空が曇り雨量が少なく風量が緩い日もありますし、地熱にも波というものがあります。
クリーンエネルギーは次世代の発電方法として以前注目されていますが、革新的なブレイクスルーは未だ生まれていません。
ですが新電力事業者イーレックスの行っているバイオマス発電は画期的な発電方法として広まる可能性があります。

電力自由化におけるイーレックスの立場

バイオマス発電とは燃料にゴミを使い、燃焼させたり発酵させることで発電タービンを回し電力を造る発電方法となります。
燃焼させるタイプもありますが、カーボンニュートラルという考え方の元燃料を燃やすため大気中のCo2は増加しません。
カーボンニュートラルとは植物が光合成で取り込んだ二酸化炭素の分を燃焼で再度排出するという考え方で、燃やしても結果的にはプラスマイナス0となるようになっているのです。
多少ややこしいですが、大気という大きなスケールで考えたときに植物を育て燃やすということは全体の二酸化炭素量に何ら影響を与えないということになるのです。
もちろん、燃焼以外の発酵ガスによる発電は非常に環境に良いということができます。
こうした発電方法は他のクリーンエネルギーと異なり安定した供給が可能となります。
そのため、自然環境に左右されること無く安心、安全な電力を提供し続けることができるのです。

業界に新しい提案を行うイーレックス

こうしたバイオマス発電を進めるイーレックスはクリーンエネルギーの不安定さという課題に一つの回答を得ているようなものなので、その影響力は業界内でも強まることでしょう。
電力自由化によってクリーンエネルギーに携わることもできますし、さらには既存の電気料金よりも安価で電気を使うことができるようになります。
イーレックスはバイオマス発電の筆頭として活躍していくと思われます。