新電力会社(PPS)のエネットとは?

実は2000年から始まっていた電力自由化

国民の関心も高い電力についてのニュースの1つに2016年4月から始まる電力自由化があります。
電力の何を自由にするのか改めて見てみましょう。
実は電力自由化というのは実質的には2000年代初頭から始まっていることです。
これはいわゆる電力の供給元を利用者が選べるというもので、今までは工場を中心として展開されていたサービスでした。
これが2016年の4月から一般家庭でも選ぶことができるようになるのです。

各家庭まで電力自由化が進行しました

どのような事業者が展開しているサービスかというと、それは新電力と呼ばれる産業を運営している事業者です。
新電力とはその名の通り、新しい電力会社で自前の発電方法をもっていたり電力の取引が可能な会社を指しています。
この事業には多くの民間会社が参入しています。
ケーブルテレビ会社や携帯電話会社などもいますし、新電力だけを主軸とした会社もあります。
ですが既存の大手企業の出資による会社も存在しています。
それがエネットです。

電力自由化に参入するエネット

エネットはNTT、東京ガス、大阪ガスの出資によって設立された新電力会社です。
経営母体にガス会社があるため、天然ガスでの発電割合が高いという特色があります。
ガスによる発電は既存の石炭を燃料とする火力発電よりも環境負荷が少なく、次世代の燃料として注目を集めています。
他に大規模な太陽光発電も行っているため、よりクリーンなエネルギーの産出にも注力していると言えます。
2016年の4月以降は事務所・商店・飲食店といった小規模な小売店向けの契約を推進しようとしているため、自営業者にとって有力な新電力事業者の1候補となるでしょう。

クリーンエネルギーvs価格競争力の闘い

新電力事業においてクリーンエネルギーは確かに関心を寄せるポイントですが、利用者としては何より価格が気になるものです。
ですがこの価格面においても既存の電力会社より有利なものとなっています。
特に自前で発電所を運転しているところでは価格の裁量に自由度があり、経営状況を見直すことで低価格化を目指すことも可能なのでしょう。
この会社は特に大手が出資しているため電力の供給についても安心感があり、多くの工場経営者も契約を結んでいます。
仕事に使う電気となると新電力を選ぶことに躊躇してしまいがちですが、万が一電力が不足した場合でも既存の電力会社がその間の電力を保障してくれるので大丈夫です。
エネットは電力自由化により小規模な飲食店等へ展開をしようと考えています。
やがて一般家庭にも展開するかもしれません。