マンション住まいでも電力自由化による電力会社の切り替えは可能です

新しい電気を選ぶ時代です

青い布一般家庭も対象となる電力自由化が2016年4月より始まります。
この改革により、今までは地域の電力会社から供給を受けるしかなかった電力を、消費者側が自由に選ぶことが出来るようになります。
つまり電力も、携帯電話やインターネット回線のようにさまざまな会社から自分好みの会社を選ぶ時代がやってくる、ということなのです。

お住まいの地域で選べる電力会社をピックアップしてみましょう

電力会社を自由に選べるといっても、実際に自分の住む地域にどういった業者が電力を供給しているのかは地域によりまちまちです。
それでも、今までに無い魅力的なサービスが受けられたり、割安な料金設定なこともありますので、一度どういった業者がラインナップされているのかについてだけでも確認してみると良いでしょう。

どんな世帯でも電力自由化の恩恵を受けられます

この電力自由化は住まいの形態を問いません。
一軒家であろうと、マンションであろうと、個人が電力会社と契約している形であれば、電力会社の選択は可能になります。
ここで例外となるのは、大型マンションで稀にある、マンションそのものが一括受電を行っているケースとなります。
これは、建物そのもの、つまり住宅販売会社側が電力会社と一括で電力の契約を行っているというケースです。
この契約により電力会社は割安な料金を提供しています。
そのため、料金的なメリットでいえば、一括受電の場合にはそんなに切り替える必要は無い、と言うこともできます。

特殊契約の大型マンション以外は自分で電力会社を選べます

このケース以外の一般的な家庭であれば、ほぼ電力の切り替えは可能になるということです。
契約の切り替えにあたっては、いくつかの申請書類と、スマートメーターを新たに設置することが必要になります。
このスマートメーターでは遠隔での検針が可能で、また時間帯での使用量の把握も可能になります。
この特徴により、需要を寄り細かく把握できるようになり、将来的にもっと細やかなサービスの提供が可能になることが見込めます。

クリーンエネルギーや安定性など様々な基準で選ぶことが出来ます

電力供給はいままで地域の電力会社一社による独占によってのみ安定して供給できる、とされてきました。
それが現代になり技術も進み、複数の業者による市場競争を行っても安定供給には問題ないと判断され、このような自由化に至りました。
様々な分野の業者が参入すれば電力業界は活発化し、太陽光発電などの環境に配慮した生成可能エネルギー事業の発展にも寄与することが期待できます。
自由化によって、新しい未来が開けていくと言い換えても良いでしょう。
当たり前のように享受するだけだった電気のことを考え直す、またとない機会が訪れたのです。