自らの手で新しい電力会社を選びましょう

「電力」の「自由化」とはどういうことなのか

電力自由化とは何か?

作り手の作業風景電力自由化とは電気を使用する側は、電気を使用するにあたり自由に契約できることをいい、電気を供給する側は、だれでも事業者になれることをいいます。
高圧電力については2000年から電力自由化がスタートしていましたが、2016年4月からは一般家庭向けの低圧電力も自由化することが決定しています。
独占市場だった電気事業を市場参入を緩和させることにより、電気料金の価格競争や電気事業の事業配分の動きが活発されることが見込まれます。

電力自由化の意義と社会への影響

電気を使用する立場からすると、どの供給事業者からも電力を購入することが解禁となりますので、電気料金が一番安い事業者に契約することが可能となります。
新規参入する特定手電気事業者は送電と発電ができることになり、事業者間の送電や発電の売買が活性化し、電気料金の価格競争も予想されます。
低圧電力の多くが一般家庭の立場からすると、電気料金がどこまで安くなるのかが焦点になり、契約変更に至るポイントとなります。

電力業者を比較できるホームページ

これまでの電力自由化の歩み

2000年からスタートした高圧電力は、工場や大型商業施設など大規模施設が中心となりますので、一般家庭で契約している人たちにとっては無関係のため知らないという人が多いです。
しかし、2016年4月からスタートする低圧電力については、新電力事業を新たに創設したり組織を組成して、新たな事業参入に力を入れている企業が増えています。

電気料金が下がる!? 電力自由化の恩恵

一般家庭で既存の契約から新規参入となる特定電気事業者への契約を切り替える場合、一番に考えるところは電気料金です。
電気料金が安くなるメリットがない限り、契約変更の手続きなどが面倒に感じるため、契約変更せずに継続のままでいいと思う人も多いです。
メディアでも注目度が高まりつつありますが、まだまだ浸透度は薄いように感じます。
新規参入する企業も増えている中で、実際に発電や送電ができる事業者は、まだまだ少ないですが、既に低圧電力の契約獲得に動いている事業者もあり、一般家庭で契約している電気契約を契約変更したという話もあります。
2016年4月以降から契約変更の動きが活発化されることと見込まれており、携帯電話のキャリア変更に似た動きになることといわれています。
実際に既存の電気契約から、どのくらいの割合で特定電気事業者へ変更する動きがあるのか注目されています。
2016年4月に自由化がスタートする前に、電力自由化や特定電力事業者について勉強しておくことで、契約変更の検討材料にもなります。

新しいクリエイト記事